ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 高信頼社会の下での学校社会とは? ふり返り366日【08/5/27】/チョコレートの大衆化 | トップページ | リーダーは甘くない ふり返り366日【08/5/25-2】/産地偽装の効用 »

財テク・雑誌の付録競争・チューインガムがブームになった昭和6年

 昭和6年(1931年)にブームになったもの
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
○『不景気時代の投資法』『投資相談』など,財テク関連書がブームに。
○女優の「容姿保険」。掛け金毎年15円で5000円の保障など。
○婦人雑誌の普通号にも別冊付録が付き,付録競争時代に突入。
○森永製菓がチューインガムを発売。流行となる。
パーマが普及。洋髪,電髪と呼ばれる。
ボクシング(拳闘)ファンが激増。スター選手の月収は1000円以上。当時,安くなったダイヤの1カラットは400円だった。
○満州事変が勃発し,おもちゃの鉄かぶとや発火装置つきの戦争玩具が爆発的に売れる。
○外国では,博多人形がブームに。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 教育では,師範学校・中等学校で,剣道・柔道が必修科目となったのがこの年でした。
 教科では,中学校や師範学校の「法制・経済科」を改め,「公民科」がおかれました。
 また,文部省は全国の学校へ新しい御真影の下賜を開始しています。

 東京市内の尋常小学校卒業者のうち,約6000人が芸者屋や商店に人身売買に近い条件で就労していることが判明したのがこの年の3月だったそうです。
にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

« 高信頼社会の下での学校社会とは? ふり返り366日【08/5/27】/チョコレートの大衆化 | トップページ | リーダーは甘くない ふり返り366日【08/5/25-2】/産地偽装の効用 »

教育」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 高信頼社会の下での学校社会とは? ふり返り366日【08/5/27】/チョコレートの大衆化 | トップページ | リーダーは甘くない ふり返り366日【08/5/25-2】/産地偽装の効用 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より