ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「学校携帯」の近未来 ふり返り366日【08/6/3】/昭和9年の遊戯場数トップは? | トップページ | 携帯が道具か,自分が携帯の道具か/昭和10年の流行 »

「学校ケイタイ」のある学校生活 ふり返り366日【08/6/4-1】/昭和10年の平均寿命は?

[携帯電話] ブログ村キーワード

 駅前に何件もの携帯ショップがあるのはまだ不思議感があります。
 さらに,駅からやや離れたところにも広いショップがあって,休日でなくてもけっこう多くの客が,しかも子どもから高齢者までが入っている光景というのは,十年前には考えられないことでした。

 ケイタイが本物の景気対策=「景対」(auの宣伝コピーでしたか?)になっているかどうかわかりませんが,通信機能があり,さまざまな情報がどこでも手に入り,さらにどこへでも送ることができるツールは,便利なものであることは確かです。

 音楽も聴ける,語学の勉強もできる,マンガも読める,ゲームもできる,ニュースがわかる,TVが見られる,写真が撮れる,買い物の支払いはできる,電車に乗れる・・・

 すべてが手のひらに乗る道具で可能になることが,想像はできたかもしれませんがこれほどまでに普及するとは・・・?

 しかも,個の空間がかなり保障される状態で熱中できる・・・。

 ケイタイは,対人コミュニケーション能力の低下を招く・・・という危惧をもっている人も多いようですが,私はスイカで支払いをするようになってから,レジの方に直接話しかけられる機会ができてよかったように感じています。
 (お金をおさめたりお釣りを出したりする手間が省けて若干うれしそうな感じも伝わってきて・・・)

 このようなツールの教育利用については,「所持禁止」という方針が出されているくらいですから,まだまだ前途は多難なようですが,「学校ケイタイ」の普及が,将来的には実現可能になってくるように思います。

************************

 学校ケイタイのある1日の生活を,想像してみましょう。

 学校ケイタイは,下駄箱の各自のスペースに鍵つきの保管箱(充電可能)があり,登校時に取り出すところからスタートです。電源が入った時間が,登校時間として記録されます。

 登校時間は8時20分です。

 ただし,8時00分から学校ケイタイで朝読書が可能です。読んだページ数などが毎日記録されます。 

 遅刻生徒の氏名は職員室のパソコン画面に表示されます。
 
 8時25分には,日直生徒のケータイに朝の連絡がメールで配信され,それをクラスで読み上げます。

 担任は連絡のない欠席者(遅刻者)の家庭に電話を入れます。

 朝,担任が学級に行く必要がないので,8時30分から1時間目の授業が始まります。

 学校ケイタイは,普通の携帯電話よりやや画面が大きく設計されており,授業によっては写真資料,映像資料を配信して見させることもあります。
 英語の授業では,CDを聴く代わりに,ケイタイに記憶されたデータを再生したり,自分の読みを録音して送信したりします。
 美術や技術・家庭では制作途中の作品や完成品を写真にとり,送信します。自分のケイタイのデータベースにも登録します。
 体育では,友達に自分のフォームなどを録画してもらい,データベース化します。教室でそれを見て,分析したり反省したりもします。

 給食時には,食事の内容の説明を準備中に聴くことができます生産者調理をしてくださった方,栄養士さんなどからのお話が流れる場合もあります。

 昼休みには,登録されている音楽のうち,好きなものを自由に聴くことができます。

 「電話機能」は緊急の場合に特定の場所にしかかからないことになっているので,友達と話がしたい生徒は,直接会って会話します。

 生徒会活動についての連絡・・・委員会活動のPR,行事のお知らせなどは,1時頃から送信されます。

 午後の授業のスタートは1時10分です。

 ケータイは,択一式や語句を答える形式の単純な小テストでも使います。
 教師の側も,採点を一瞬にしてコンピュータがやってくれてラクです。
 子どもも,得点がすぐにわかります復習のための宿題が送信されてくる生徒もいます。

 掃除の前,帰りの会では,一日の生活をふり返ってのアンケート調査を実施し,一言日記をつくって送信します。

 基本的には,部活動に参加する前には下駄箱の保管箱に返します。
 データは定期的にバックアップされます。

 *****以上が,普通の一日の学校ケイタイの使い方です。

08/6/4 ケータイ・自力救済か絶対他力か

 風鈴さん、コメントありがとうございました。
 武器・武力の「武」の文字をご覧いただくと、「止」が入っています。
 「七徳の武」の話をひくまでもなく、武器というのは戦争をやめさせる道具でもあります
 被害にあっている友達をかばう、不当な攻撃を加えた人間に注意する、制裁を加える・・・携帯は、そのための武具・武器にもなるはずです。
 中世の時代には、自力救済という原則とともに、集団内での排除機能が強力に働いていました(自検断・地下検断)
 しかし、現代ではこれを「いじめ」と捉えられる可能性もあり、集団内の排除機能はうまくはたらきません。
 今、いじめが排除できないのは、いじめを完全に排除しようとしているためだという考え方もあります。
 排除機能がはたらかない以上、規制はやむを得ないのかもしれません。
 フィルタリング機能があっても、友達同士のメールなどのレベルでは防ぎようがありません。
 中学生(小6と高1くらいは含まれるかもしれませんが)は、高校生と違って、行動が非常にエスカレートしやすい。のめり込みやすい、歯止めがきかない、そんな時期ですので、人間を「守る」ための規制という趣旨は理解できます。
 ただ、武器を取り上げられるということは、攻撃の側にまわることを阻止する、つまりその子どもが信用されていないことも示すことになるわけですから、わがままな子だけでなく、高い自覚をもって正しい使い方をしている子どもにとっては不満でしょう。
 刀を取り上げても、家のパソコンという大砲もあるし、そのうち戦車なんかが開発されるかもしれませんね。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第43問】 
 昭和10年(1935年)の話です。
 この年の男性の平均寿命は何歳だったでしょうか。
 ① 44.8歳
 ② 54.8歳
 ③ 64.8歳

*******************
ブログランキング 歴史
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

 【第42問の解答
 ③のビリヤード場で,1786軒。2位はマージャン屋で1249軒でした。

« 「学校携帯」の近未来 ふり返り366日【08/6/3】/昭和9年の遊戯場数トップは? | トップページ | 携帯が道具か,自分が携帯の道具か/昭和10年の流行 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 「学校携帯」の近未来 ふり返り366日【08/6/3】/昭和9年の遊戯場数トップは? | トップページ | 携帯が道具か,自分が携帯の道具か/昭和10年の流行 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より