ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「対談もの」の分類 ふり返り366日【08/6/2-3】/昭和9年の意外なブーム | トップページ | 「学校ケイタイ」のある学校生活 ふり返り366日【08/6/4-1】/昭和10年の平均寿命は? »

「学校携帯」の近未来 ふり返り366日【08/6/3】/昭和9年の遊戯場数トップは?

 「携帯」が,そう遠くない未来に獲得し得るであろう新しい機能について,巷ではどんな憶測が流れているのでしょうか。
 それが,学校教育などにどのような影響を与えることが考えられるでしょうか。
 困るもの,役にたつもの,まずいもの,効率が上がるもの・・・メリデメさまざまです。

 ボイスレコーダー機能・・・子どもが教師との面談のやり取りを録音(録画)し,家族の前で再生する。
 (録画機能)        授業は録音(録画)して,家で復習する。
                いじめの決定的な行為(言葉がけ)を記録(録音・録画)する。
   →投影機能・・・プロジェクターのように,画像を白い紙や壁に再生できる。
 盗聴器(マイク)機能・・・常に授業での話を家庭でも聞ける。子どもの代わりに親がノートをとる。
 翻訳機能・・・英語の話が日本語で聞こえてくる。 
 辞書機能・・・意味がわからない単語を言うと,日本語で候補をいくつか教えてくれる。
 万歩計機能・・・一日に何m移動したかがわかる。
 IDカード機能・・・登下校の時刻が学校・家庭・本体に記録される。
 体温計機能・・・体温や脈拍の変化を記録する。
 カロリー計算機能・・・食事を撮影すると,その分のカロリーがわかる。
 
 現在でも可能な機能は?
 アンケート,宿題送信・・・毎日決まった時間に宿題が転送されてくる。答えを入力して制限時間内に送付する。
 予備校の授業風景送信・・・携帯の画面で塾の授業を受けることができる。
 授業評価の結果送信・・・教師への評価,自分の授業への取り組み,理解度などを授業終了後に送信する。
 大昔の「アナライザー」を,各生徒がどんな場所にいても使うことが可能である,そんなイメージです。 

 「学校携帯」を活用した教育実践・・・・・・なんていうのも登場するかもしれません。

 個人情報が異常なほどの量,集まってしまうことに懸念は当然ありますが・・・。

08/6/3 携帯電話と刀狩令・鎖国政策(増補版)

 教育再生懇談会の「小中学生に携帯電話を持たせるべきではない」という一連の論議は、秀吉が行った刀狩令になぞらえて考えられます。
 「携帯電話 刀狩」で検索してみたら、そのような趣旨で記事を過去に書かれた人がいるようです。
 携帯電話は、事実上メール機能があるパソコンです。
 この道具を使って、友達や見ず知らずの人を攻撃する人間が多く現れました。
 「便利な道具」にいつの間にか「武器」の機能が加わりました。
 もちろん、騙す、罠にはめる、誤解させる、混乱させるなどのこともできます。
 この武器は、主に人間の精神的な部分にダメージを与えるものです。
 透明人間による無差別攻撃も起こりえます。
 他人になりすまして特定の人間を攻撃することも、可能です。
 精神的なダメージによって、気に入らない相手を死に追いやることも可能です。
 メールの一斉送信のメンバーからはずし、「村八分」にすることも可能です。
 「自由」のもとで一部の子ども達(子どもだけとは限りませんが)は「やりたい放題」です。
 子どもを守るための「規制」の主張が現れるのは当然のことでしょう。

 しかし、携帯電話を取り上げてしまうことで、一部の被害は防げるかもしれませんが、せっかく子どもが手に入れた「人間としての名誉の証」が奪われてしまうことにもなります。

 当然、反発は必至でしょう。必死に反論してくるでしょう。
 秀吉が行った刀狩は、一揆の防止という意味もありましたが、武士(刀が持てる人間)と農民(刀が持てず、農業に専念する人間・・・現代なら学習に専念する子ども)という身分の差をはっきり示す機能もありました。

 昔の背伸びをしたがる現代の子どもは、大人しかできないはずのタバコに手を出していました。
 タバコの味ではなく、一人前になったような気分を味わっていました。

 中世までの百姓たちは、成人になると刀を持つことができるようになり、一人前の人間として認められるようになりました。刀は、人としての尊厳の象徴でもありました。

 明治に士族が「廃刀令」を出されたときも、同様のインパクトがあったでしょう。
 今は、親より機能やデザインがよい携帯をもっている子どもが増えてきています
 携帯は、持っていることだけでも意義があるわけです。

 この世界では、大人と子どもの線引きがなくなりました
 子どもの方が、さまざまな機能を駆使して、活用し尽くそうと努力します。
 もし、携帯を持たせる選択肢をとるなら、中世の日本のような自力救済の原理が必要です。
 問題がおこったら、自分で解決する
 攻撃されるのはいつでも覚悟して、戦い抜く
 あるいは、攻撃されないように、防御に力を入れる
 携帯を持たせない選択肢をとると、近世の日本のような安定した社会がつくれるかもしれません(多くの公立中学校は学校内への持ち込みを禁止するという鎖国=海禁政策をとっています)。
 しかし、抜け荷(密貿易)はあるかもしれないし、保護者からの外圧も強い。
 近代社会では、携帯の行方はどうなるのでしょうか。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第42問】 
 昭和9年(1934年)の話です。
 東京市内の遊戯場数で最も多かったのは?
 ① パチンコ屋
 ② マージャン屋
 ③ ビリヤード場

*******************
ブログランキング 歴史
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

 【第41問の解答
 ②の,一口35回以上でした。

« 「対談もの」の分類 ふり返り366日【08/6/2-3】/昭和9年の意外なブーム | トップページ | 「学校ケイタイ」のある学校生活 ふり返り366日【08/6/4-1】/昭和10年の平均寿命は? »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 「対談もの」の分類 ふり返り366日【08/6/2-3】/昭和9年の意外なブーム | トップページ | 「学校ケイタイ」のある学校生活 ふり返り366日【08/6/4-1】/昭和10年の平均寿命は? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より