ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 敬意がないのでコメント禁止 | トップページ | アンケート【@nifty投票】へのご協力のお願い »

「指導」という教育的行為のニュアンスの相違 ふり返り366日【08/6/1-3】/第1回NHKアナウンサー採用試験

 教育に関する理論自体を軽視する教師や社会一般の風潮は,問題が多いと考えられる一方で,その理論によりかかって納得したがる教師や保護者にふり回された経験がある人なら,仕方がない,とも弁護できるわけです。

 自然科学ならまだわかりますが,教育に関する理論など,それでことが足りるのであれば,問題は次々に解決されてしまうはずで,例外だの結果に影響を与える因子が多すぎて,子どもを取り巻く現象を網羅しうるものなどないわけです。理論研究より,実践研究の方が,子どものためになることが多いのは,当然でしょう。

 Aができるようになる,程度のことなら「コツ」という言葉で済んでしまうわけですが,それを大量のデータを集めながら大げさに考えて,何とか「理論」の形にしたがるのは,大学の先生たちくらいのものでしょう。
 経験豊富な教師が参加する教員免許状更新講習ほど,講師にとって一筋縄でいかないものはないかもしれません。

 さて,挨拶や言葉遣いの指導については,いくらでも「コツ」があるものですが,大人が子どもの機嫌をとるような「配慮」が,「指導」という教育的行為に該当するものなのかどうか,そういう話になってくると,様々な考え方が出てきます。

 「指導」という言葉は,使う人間によって,あるいはそれを聞く人間によって,ニュアンスの幅が非常に大きく,意味が異なる場合も多い言葉です。

 そのため,逆に,その言葉を使っている人間の思考パターンというか,固定観念というか,縛られているイメージというのがよくわかるものです。 

 それをとことん突き詰めていきたいのですが,人間は,自分の思考パターンに変更を迫られる状況からできるだけ避けたいと逃げる傾向があるもので,単純に頑固な人とか,経験が豊富な教育関係者などはそれによく該当し,議論が先に進まなくなるのが残念です。

08/6/1 ブログに見られる教員の特質

 「あなたとは考え方が違う」と対話を拒否する人、「Aではなく、Bも」と要求されると、「AだけだったのがBだけになる」など、180度無理に舵をきってしまう人、子どもだけでなく、教員にも見られます。
 大人だけに、ほんとうに指導するのが難しい。
 上司としての管理職・人事権をもつ行政というのはたいへんな責務を担っているものです。
 子どもの場合は、周囲の子どもが「それはおかしいよ」と言えば改善されるかもしれませんが、教員の場合、管理職・行政・保護者という対立軸をもって閉鎖的集団主義がつくられている場合、周囲の教員が批判することが難しい。
 「みんなは一人のために、一人はみんなのために」のうち、問題となるのは、後者が何を要求させられているか、ということです。同一の価値観が強制される恐れがある。
 自己申告や外部評価は、このような問題が文書の形になることで、「毎年必ず同じ失敗が繰り返される」失敗をある程度防止することができます。
 ブログというのは自己主張の強い人がそもそもやっているもので、かつ匿名性が高いため、言葉が極端に走りやすいのですが、教員に限って言えば、それはもともと持っている資質が表れただけなのかもしれません。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第38問】 
 昭和9年(1934年)の話です。
 NHKが第1回アナウンサー採用試験を実施しました。採用25人,何人が応募したのでしょうか。
 ① 128人
 ② 328人
 ③ 728人

*******************
ブログランキング 歴史
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

 【第37問の解答
 ②の3日でした。大型トラック50台分の荷物だったそうです。それを置くスペースがあるというのもすごい。

« 敬意がないのでコメント禁止 | トップページ | アンケート【@nifty投票】へのご協力のお願い »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 敬意がないのでコメント禁止 | トップページ | アンケート【@nifty投票】へのご協力のお願い »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より