ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 宿題を増やすと同時に増えるもの ふり返り366日【08/5/31-2】/ライオンの赤ちゃんの乳母 | トップページ | 小中の断絶 ふり返り366日【08/5/31-4】/汚濁水道水 »

相互評価が苦手な理由 ふり返り366日【08/5/31-3】/健康を取り戻すための運動

 子どもたちが作品を完成させて,お互いに感想を述べ合う,授業でだれかが発言したことを受けて,他の生徒が補足をしたり反論を述べたりする・・・相互評価の場というのは,子どもたちにとってはけっこうあるものです。

 それが嫌で発言しなかったり,作品も人に見せたがらない子どももいますが・・・。そういう子どもと,教師というのはとても似ています。その自覚があるかどうかは別として・・・。共通点は「自信がない」ことでしょうか?

08/5/31 教員の業績評価のシステム

 よたよたあひるさん、コメントありがとうございました。

>自己申告をもとに指導してくれる上司の対応によって見方、書き方が変わるような気がします。

 公立学校の管理職の場合は、人事考課に対応するための研修として「評価者訓練」というものがあります。
 これによって、一般的な評価のパターン、原則、基準等が共有化できるようになっており、恣意的な評価はできません
 普通の教員にも、この訓練の中身などを公開すれば、少しは人事考課に理解を示してくれる人が出てくるでしょう。
 また、校長が行った評価については、教育委員会でその内容を吟味します。
 評価がおかしい校長(全員にBをつけてしまうなど)はすぐ指導を受けることになります。
 一部には、みんながんばっていればBがついていいじゃないか、という声もありますが、これは絶対評価であり、子どもの成績と同じです。
 教員の評価のBは一般に考えられているよりけっこうハードルは高く、イメージとしては、その経験年数等に応じて「できて当然のことがきちんとできること」です。
 教育現場では、これがなかなか簡単にはいかない。
 ですから、島の学校のように小規模校でかつ生徒数が非常に少ない場合など、ごくまれに全員Bというのはある得るかもしれませんが、AやCの教師がかたまったりしないような異動のシステムがありますから、1~2割はCのつく教員がいるのが普通です。
 「上司の対応によって見方、書き方が変わる」ことを完全に防ぐためには、評価情報をオープンにして360度評価にすればいいのです(私の究極の目標はそこにありますが)が、やはり課題のある教師にとってはつらいものになりますから、評価者と被評価者が相互に理解しあうことが大切です。
 なお、教員の人事考課の場合は、教員の職務目標の難易度と自己評価によって、その評価はほぼ決まり、校長は授業観察や日頃の職務行動の観察(副校長や主幹の意見も参考にする)によってその確かさを吟味するというシステムがとられています。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第34問】 
 昭和8年(1933年)の話です。
 健康を取り戻そうと,大阪で始まった運動は次のうちのどれでしょうか。
 ① 昼間の時間帯の禁煙運動
 ② ラジオ体操を家族全員で始める運動
 ③ 太陽光線を浴びる運動

*******************
ブログランキング 歴史
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

 【第33問の解答
 ③のブルドッグでした。

« 宿題を増やすと同時に増えるもの ふり返り366日【08/5/31-2】/ライオンの赤ちゃんの乳母 | トップページ | 小中の断絶 ふり返り366日【08/5/31-4】/汚濁水道水 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 宿題を増やすと同時に増えるもの ふり返り366日【08/5/31-2】/ライオンの赤ちゃんの乳母 | トップページ | 小中の断絶 ふり返り366日【08/5/31-4】/汚濁水道水 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より