ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 指導の前提の誤り ふり返り366日【08/5/25-4】/トンカツと楽天 | トップページ | 「ノー公教育」コールを防ぐためには ふり返り366日【08/5/28-2】/デパート火災と女性の衣服 »

全体・部分・個の相互関連 ふり返り366日【08/5/28】

 学力向上の話をしていると,「それ以外の子どもの能力はどうでもいいのか?」という反応をして「学力問題」から遠ざかろうとしてしまう人間が,教師にもいます。
 
 「学力面以外の子どもの能力が高ければ,学力も高まりやすい」という統計上の数字を使って,「学力問題」に正対するような実践から逃げようとする教師もいます。

 「学力の高い人はそれ以外の能力に課題がある」などという「ひがみ」に基づき「それ以外の能力に課題がある」例だけをもとに偏見の塊のような人間観を形作ってしまった人もいます。

 確かに,「部分が集まって全体ができあがっている」という見方,「部分はあくまでも部分にすぎない」という見方,「ある部分が全体に大きな影響を与える」という見方など,人間や社会を見る目が異なる教師が現場にまざっていると,ある面では「他の見方の有効性」を学びながらよりよい教育実践ができると考えられる一方で,「他の見方の有効性」はどうでもいいから,各教師がそれぞれに好きなことを思いつくまでやればよいという,子どもにとっては「人によって言うことが違う」教育を受けさせられる可能性もあります。

 全体主義は必ずおかしな偏りや不寛容の精神を高めてしまいますから,異なる意見がさまざま存在すること自体は決して悪いことではありません。
 
 しかし,「個別主義」では,指導の一貫性と具体的な目標の喪失,わがままを促してしまうことなどの問題を生じます。

 「全体と個」との関係は,全体だけ,個だけの事情で決まるわけではなく,全体とそれぞれの個,いくつかの個のまとまり(部分・集団)との関係で決まるものです。

 様々な教育政策に対しても,全体や部分・集団,個と,これらの相互関連を土台にした問題点の分析を進めていくべきでしょう。

08/5/28 永遠の希望をもつ教師

 コメントをいただいたまずろさんのブログにおじゃまして、書き込ませていただいたのが以下の文章です。

 公務員の中でも、教師という職業はその仕事への期待が高く、そしてその失敗への失望も深いものです。
 各学校の教育課程で一目瞭然。
 すべての子どもに○○という力を身に付けさせる・・・というのは至難の業です。
 達成度が低い仕事である分、その資質・能力・実践力の向上はたえず問われ、仕事をしながら研究と修養に励まなければなりません
 すぐに成果が出せないことも、現状維持だけでも相当のエネルギーを費やしている学校があることも、みんなわかっています。
 教師の問題は、できないことを非難されるとき、「それでも頑張り続けます」と言える謙虚な人もいる一方で、「私のせいではない。競争などを導入する行政のせいだ」などと逆ギレする人がいることです。
 強気な人は管理職にくってかかることで不満を解消し、控えめな人は、ブログに書き綴って賛同を求めようとします。
 教師には、逃げ道がありません。
 しかし、無限のチャンスがあります。
 「永遠の希望」と言ってもいいかもしれません。
 生徒は、待ってはくれません。
 常に成長の機会を求めています。
 生徒に希望をもたせることができる教育者でありたいものです。

 中学校で言えば、やっと一人前の人間らしくなってきたな・・・と思っているうちに卒業していなくなってしまい、また宇宙人のような一団が加入してくる・・・。
 そういうエンドレスの意味でも「永遠の」問題ですし、ほとんど大きな目標の達成が難しいという意味でも「永遠の希望」なのです。
 自動的に給料が毎年増えていき、安定的なボーナスまで保障されている恵まれた公務員には、高度な職業倫理が求められるはずです。
 経済面の好条件にあぐらをかいて、努力を怠る教師たちが、「同僚のパイを奪おうとなどと思うな!」というプレッシャーをかけている現実を、教師以外の方々はどのように思われているでしょうか。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第26問】 
 昭和7年(1932年)の話です。
 1月9日に東京・日比谷公会堂で行われる予定だった,日本初のある試合が,風紀上好ましくないという理由で,警視庁によって禁止されました。
 どんなスポーツの試合だったのでしょうか。
 ① 女子相撲
 ② 女子柔道
 ③ 女子ボクシング

*******************
ブログランキング 歴史
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

 【第25問の解答
 ③の「飛行機からの飛び降り」でした。三重県鈴鹿上空で日本空輸旅客機から乗客が飛び降り自殺を図ったものでした。

« 指導の前提の誤り ふり返り366日【08/5/25-4】/トンカツと楽天 | トップページ | 「ノー公教育」コールを防ぐためには ふり返り366日【08/5/28-2】/デパート火災と女性の衣服 »

教育」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全体・部分・個の相互関連 ふり返り366日【08/5/28】:

« 指導の前提の誤り ふり返り366日【08/5/25-4】/トンカツと楽天 | トップページ | 「ノー公教育」コールを防ぐためには ふり返り366日【08/5/28-2】/デパート火災と女性の衣服 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より