ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« いよいよ始まる「評価」の見直し | トップページ | 「体育教師」に対する疑念 »

2世批判の背景にあるものは・・・

 歌舞伎など伝統芸能の世界の話とは次元が異なりますが,芸能人政治家教師地方公務員・・・「2世」「3世」の登場やその仕方の問題について興味本位の報道,批判的なムードを隠した報道,批判そのものの報道などが繰り返されています。

 このような報道に注目が集まることには,社会全体に広まっている「子どもの就職への不安」も背景にあるのだと考えられます。

 私がよく知るのは教師の世界ですが,教師の子どもが教師を目指すケースは少なくありません

 しかし,なかなか教師になれないという話を多く耳にします。

 大分の件があるずっと前から,校長などを経験した教師の子どもがすんなり教師になってしまった後,その資質・能力の欠如が明らかになってしまうと,すぐに「疑念」が生じることになっていたでしょう。

 ただ,単なる「世襲=悪」という観念がない(というよりは,子どもが親の背中を育って育ち,親を尊敬して,親と同じような職業につくのを願うことに対しては,プラスの価値観の方が大きい)日本では,甘めの評価を「2世教師」にしてしまうことがあります。

 教職志望者が減っていることもあり,親が本当に現場で苦労して子どもたちを支えてきた教師の子どもなら,親の苦労をしりながら「よく教師を目指してくれた」と評価されることもあるでしょう。

 一方で,大学に進学しても,サークルとバイトと夜の遊びで生活の大部分が消化されてしまう子どもを見るにつけ,その将来に不安を抱えている教師の親ももちろん多いわけです。

 その不安が「一家にとって」ではなく,こういう大学生たちが・・・と「将来の日本にとって」の不安として認識されるようであれば,別に他人の2世がどうなろうと問題ないのかもしれませんが,自分の子どもがまさにどうなるかわからない親にとって,「ぬくぬくと2世が職につく」ことは生理的に許されないことなのでしょう。

 いずれにせよ,子どもは親の背中を見て育っているわけです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« いよいよ始まる「評価」の見直し | トップページ | 「体育教師」に対する疑念 »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2世批判の背景にあるものは・・・:

« いよいよ始まる「評価」の見直し | トップページ | 「体育教師」に対する疑念 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より