ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 簡単にできる「血のにじむ」努力 | トップページ | だめであることはわかっているが・・・ »

変わらなくてよい学校とは?

[教師] ブログ村キーワード

 学校のあり方を問おうとするとき,「不登校が減ってきているからいい」とか,「暴力行為がおこってない学校だからいい」とか,「今,現在」の姿だけを見てどうこう言うような,せまいスパンの問題設定の仕方で,「教育」を語ることができるのでしょうか

 教育は,「国家百年の計」と言えた時代は,去ってしまったのでしょうか。

 教育が直面している最大の問題は,「百年」などという長いスパンでは想像もできないほどの速さで社会が変化していることにあるのかもしれません。

 それこそ企業なら,極端な話,一寸先は闇の世界です。

 ソースコード問題のように,一年先の大問題にどうそなえるかが課題になっているIT関連企業もあります。

 それに対して,今,教育を受けている子どもは,「現時点」において「一寸先は闇」の状態にはありません

 免許更新制度ができたとはいえ,ほとんど絶対的な身分保障がある公立の教師も,そういう意味で,「子どもと同じ」です。

 資本主義社会では,子どもの多くは将来,競争社会で生きていくことになるわけです。
 それに対して,教師は,「子どものときのまま」です。

 教師になった人はそう感じていない人が多いのかもしれませんが,一般の人たちが,みんな「かつて受けてきた公教育で十分満足であった」「今の公教育にも不満はない」と思っているわけでは決してありません。

 子どもも同じでしょう。

 子どもたちは,より能力を開発し,個性を伸ばしてくれる,明るく楽しい学校生活を求めています。
 
 「」の側で保障された生活にどっぷり漬かっている人たちに,「」の世界で強く生き抜く力が育成できるのか,そういう疑問が今,公務員である教師たちに問われているわけです。

 国会議員による,官僚がコントロールする仕組みへの挑戦が始まっています。

 民主主義の国ならではの挑戦です。

 身分保障が困難な議員にも,世襲が多いという問題はありますが,それは不安定な地位ならではの問題であるともいえます。不安定な地位の中,危険をおかしてでも将来の国民のためにやれることをやる。そういう政治家像が広まれば,投票率も上昇するでしょう。

 それに対して,選考で通ってしまえば一生安泰という公務員が,自らの権利・利益を維持しようと努力している姿がいかに醜いものであるかということが,ようやく社会・一般に知られるようになりました。

 「新しい仕事はしたくない」「同じ給料で仕事を増やされたくない」という愚痴は,「収入を求めて新しい仕事にチャレンジしたい」「仕事をたくさんして給料分のはたらきをしたい」という意欲に比べ,どれだけみっともないものであるか。

 「学校は変わらなければならないのか

 ・・・子どもや社会の声を無視して,今のままで十分だという認識の学校は,変わらなければならないでしょう。
 
 「学校は変わらないのか」などという投げかけが起こり得ないほどの努力をしている学校は,そのまま変わらなくてよいのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 簡単にできる「血のにじむ」努力 | トップページ | だめであることはわかっているが・・・ »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わらなくてよい学校とは?:

« 簡単にできる「血のにじむ」努力 | トップページ | だめであることはわかっているが・・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より