ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「きっかけ」待ちではない改革の推進を ふり返り366日【08/4/29】 | トップページ | 一教師の「待ちの姿勢」を学校が「待ちの姿勢」で見られる限界 ふり返り366日【08/4/29-2】 »

巨人・坂本の「右狙い」は好調維持への秘訣か・不調の始まりの予兆か?

 今日の巨人VS阪神戦で最も気になった1シーンが,4割打者・坂本ライトフライでした。

 坂本は基本的に引っ張りのバッター。

 内角低めを苦にしない坂本に,阪神バッテリーは「得意ゾーンの周辺部は苦手」という裏をかく方法で攻めるも,連日打たれている,そんな印象がありました。

 私は今まで,絶好調のバッターが「急に打てなくなる」きっかけになるシーンを幾度か見てきました。

 多くは顔(頭)近くのボールを投げられたり,当てられたりしたとき。

 坂本は,広島戦でその原因によって打撃不振に陥るかと思いきや,阪神線では好調を維持してきました。

 「急に打てなくなる」きっかけで別のパターンは,「ヒットを狙って振りが小さくなる,変に右方向を狙ったりする」=「自分のスイングでないスイングを始めたとき」というものです。

 今日のライトフライが,そんなきっかけにならないことを祈っています。

« 「きっかけ」待ちではない改革の推進を ふり返り366日【08/4/29】 | トップページ | 一教師の「待ちの姿勢」を学校が「待ちの姿勢」で見られる限界 ふり返り366日【08/4/29-2】 »

野球」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
来訪&コメありがとうございました。

これを機に宜しくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

» ゴンザレス好投!完封リレー完成で、阪神に連勝! [Yが来るまで待って・・・]
阪神対巨人(甲子園)ジェン×ゴンザレス 2回表巨人の攻撃、1回は阪神先発・ジェンの前に凡打に押さえ込まれた巨人だったが、ラミレスのヒットから、 ツーアウト1、2塁と、得点圏にランナーを進めると、坂本のレフト前のタイムリーで先制する。 さらに5回、ゴンザレスがレ... [続きを読む]

« 「きっかけ」待ちではない改革の推進を ふり返り366日【08/4/29】 | トップページ | 一教師の「待ちの姿勢」を学校が「待ちの姿勢」で見られる限界 ふり返り366日【08/4/29-2】 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より