ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« WBC・決勝戦に向けて気がかりなこと | トップページ | 表情を「読む」ゆとりから「つくる」ゆとりへ ふり返り366日【08/3/2-3】 »

WBC・世界連覇で見えたもの

 最終回の粘りにも見えたように,韓国の実力も相当なものでしたが,侍JAPANの勢いが優ったというような結果でした。

 北京オリンピックのイ・スンヨプと今大会のイチローが若干重なるようなところもありましたが,いまひとつ振れていなかったクリンナップのカバーを他の選手でできた「全員野球スタイル」での勝利は,格別の味だったでしょう。

 「フォロー」「カバー」というキーワードで表現できるようなことが,あらゆる集団,職場で実現していくことが理想的に見えてきました。

 川崎が倒れた後のイチローの集中力には,多くの人が釘付けになったのではないでしょうか。

 前の打席でジャストミートされているイチローとの勝負をバッテリーが選んだ背景には,やっと調子が上がってきたという段階のイチローと,好調を持続していた中島のバッティングにありました。

 ところで,ペナントレースが始まる前にここまで仕上げてしまうような体の使い方を,おそらく選手たちはあまり経験してこなかったでしょう。それだけに,このような大会が「選手の寿命に影響しないのだろうか」と,若干の危惧を抱きつつ,また平穏な日々に戻りたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« WBC・決勝戦に向けて気がかりなこと | トップページ | 表情を「読む」ゆとりから「つくる」ゆとりへ ふり返り366日【08/3/2-3】 »

野球」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC・世界連覇で見えたもの:

« WBC・決勝戦に向けて気がかりなこと | トップページ | 表情を「読む」ゆとりから「つくる」ゆとりへ ふり返り366日【08/3/2-3】 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より