ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 中世人気質の増加の危険性 ふり返り366日【08/2/12-1】 | トップページ | 小学校からの負の遺産 ふり返り366日【08/2/12-2】 »

あくまでも、現場を見るきっかけに!

[教育現場] ブログ村キーワード

 いじめ関連の記事について、今夜は絶好調(?)ないちろうさんから、以下のような「但し文」がありましたので、こちらでもご回答させていただきます。

 暗象は何をしたんだ?  解決に向けての努力をしたのか?  仲間がいないからネットで愚痴っているのか?  世間に学校不信を広めたいのか?

 私が直接関わる教育活動について記事にしないことは以前にも申し上げていますが、その理由はのちほど改めてご説明します。
 
 特に最後の「世間に学校不信を広めたいのか?」という部分については、このブログを始めた時点から、以下のような大きな使命がありました。

 それは、保護者の多くが、子どもの教育を「学校任せ」にしていることが、今の「教育の荒廃」の一因でもあること。

 もちろん、学校がすべてを担えれば問題は起こらないのかもしれませんが、その能力がないことと、能力がないことに気付きもしないでいる現状があること、それを発見し、正していくことが、今は社会全体にも要請されていることを知っていただくため、ということです。
 学校は、外部に評価を公表するようになってきていますが、学校自体が評価項目を設定している学校評価だけから判断するのでは不十分です。

 教育に関する問題の解決には、特に現場を知ろうとしない保護者の方の協力も必要となります。

 問題が起こった後、しかも、問題を隠されていた後の対応では、問題はこじれるばかりであり、なかなか解決へはたどりつけません。

 保護者として学校のことをもっとよく知り、早い時期から言うべきことは言っておけるようなきっかけが、このブログの記事を通してなされていくことを願っています。

 当たり前の話ですが、すべての学校(教師)に共通する問題もあれば、一部の学校(教師)の問題にすぎない話もたくさんあります。

 学校が起こす様々な不正が明らかになるパターンとして、内部告発という形態が増えていますが、これはむしろ組織の健全性を示すものでしょう。
 そして、不正防止の強力な抑止力になります。

 しかし、内部の自浄作用に頼ってばかりでは、問題は根絶できないでしょう。 

 また、いちろうさんにように、労働問題とリンクさせてコメントをいただける方もいますが、教師に対する厳しい目が注がれている背景は、単なる「労働者」としてではなく、それが「公務員」であること、「教育者」であることに由来するものであり、直接の利害関係者が将来の日本を担う子どもたちであるということがあるわけです。

 「教師だけ特別扱いする」ことにいちろうさんは批判的でしたが、以上のことからそれなりの理由はあるでしょう。
 また、自分は政治家や企業経営者のことは本や報道でしかわからないのに対し、教師のことは様々な角度からよく状況がわかっていますので、記事にしやすいわけです。

 いちろうさんのように「お前の学校はどうなんだ」「お前は何を解決したんだ」と直接の答えをうかがいたい方もいらっしゃるでしょうが、このブログの趣旨である「自分の目でしか判断できないことはぜひご自分の力で」ということをご理解ください。

 今は学校を通り越して、教育委員会に数多くの苦情や相談が持ちかけられるようになっていますが、結局、一番学校のことをよくわかり、事実認識ができるのは当事者としての保護者・教師・子どもなのです。
 
 「実際はどうなんだ」と気にかかることがこのブログでは大切なポイントです。

 マスコミの論調がすでに追い風になり、学校や教育委員会の方でも情報公開を進めるようになっており、私が求めている環境は整いつつあると思います。

 もちろん、マスコミのミスリードの問題もありますし、ただ情報公開していればいいというわけでもないので、報道などから気が付いたこともコメントしていくつもりです。

 読まれた方がどのような行動をとられるかということが大切なのであって、パソコンに向かって何か特別なことができるわけではないのです。

 さらに付け加えれば、いちろうさんの決まり文句として、私自身の教師としての資質・能力を疑う文言がコメント欄をにぎやかなものにしており、いちろうさんは私の教え子たちの現状を心配されているのですが、その問題については、私一人の力だけでなく、優れた資質・能力をもつ同僚や管理職の努力で対応できております。

 何が問題であるかを指摘できているということは、その問題に気付いているということであり、「気付いているかいないか」だけでも学校の信頼性は左右されるものであるということはご理解いただけると思います。

 教師は、「自分の子どももまともに育てられないのに、どうして他人の子どもが育てられるんだ」とお叱りを受ける宿命もありますが、不思議と、自分の子どもはまともに育たないが、他人の子どもがまともに育っていく姿というのは、数限りなく見ることができるのが教職というものです。当然、「このままでは心配だな」という子どもの姿もたくさん見ることになりますが。

 「自分のことは棚に上げて」「自分自身の資質・能力が足りないくせに」と反発されることは承知のまま、すばらしい成長を遂げる子どもたち・成長できずに苦しんでいた子どもたちをたくさん目にしてきた経験から、勝手気ままに記事を書いていくつもりです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 中世人気質の増加の危険性 ふり返り366日【08/2/12-1】 | トップページ | 小学校からの負の遺産 ふり返り366日【08/2/12-2】 »

教育」カテゴリの記事

コメント

すべて、聞く人次第ということでしょうね。
自浄作用が働くのが一番よいのでしょうが、それが最も難しいのが学校でしょう。

( ´艸`)プププ
そうそう、大事なことを書き忘れた。
酔っ払い公務員の批判を聞いた人たちは、
公務員の社会をただすために頑張るの?

(´,_ゝ`)プッ
新橋辺りで、
公務員が、酔っぱらって上司や職場、
果ては仕事自体を批判している。
そういう姿をよくみますが、
暗象のしていることと、
酔っ払いの役人と、どれだけの差があるの?
文字に残っているだけ、
暗象の方がダメだと思っているよ。(^_^)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あくまでも、現場を見るきっかけに!:

« 中世人気質の増加の危険性 ふり返り366日【08/2/12-1】 | トップページ | 小学校からの負の遺産 ふり返り366日【08/2/12-2】 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より