ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 定期考査の概念の転換 ふり返り366日【08/2/17-1】 | トップページ | 授業中の教師の「注意」 ふり返り366日【08/2/17-2】 »

「教材」から「教財」へ 「学習材」から「学習財」へ

[研修] ブログ村キーワード

 以下、Z会寺西さんのブログへコメントさせていただいた内容を再構成して掲載します。

 寺西さんは、教育再生会議などが提言する「ポジティブリスト」の問題点を取りあげていました。

 このブログでも、苅谷剛彦がそれについてネガティブに捉えていることを紹介したことがありました。

 私の場合は、ポジティブリストあくまでもポジティブに捉えていこうとする考え方をとっています。

 だいたい、教育再生会議のようなものは、構成員も含め、会議の性質上、その提言がポジティブリストになるのは避けられないことでしょう。

 ただ、すべて突拍子もないようなものではないですね。平凡なものです。

 予算の会計年度ごと、9月始まりに移行する、などといったレベルの大胆さはありません。

 私は、財界だけではなくて、様々な立場の社会人が教育への関心を高めつつあるという「ポジティブ」な受け止め方をしています。

 もちろん私にもその中には、小学校英語など、「これはいかがなものか」と思えるものもあります。

 ただ、教師の側では、このような社会からの要請に対して、その優先順位をしっかり示せる学校ごとの「経営力」「企画力」「指導力」「見極め力」は求められてしかりだと考えています。

 コミュニケーションの取り方が下手で、国語の指導も満足にできない教師に英語活動を頑張らせても意味がないように、教師一人一人の能力の見極めも重要になってきます。

 各学校では、毎年きちんとテーマを定めて研修を行うのが普通ですが、総花的にやるタイプの学校の教育力はたいてい低く、一つのテーマ、例えば「IT機器の活用」でじっくり全員が研究授業に取り組むような学校は教師の指導力が高くなっていく傾向があります。

 教育の場合、優先順位を決め、あることに力を入れたとき、カットしたことによるデメリットより、その他の面にも良い影響が及び、状況が好転するきっかけになるというメリットが目立つケースが多々あります。

 何でもやろうとする企業、やらせようとする経営者を寺西さんは批判されていますが、それはその通りです。

 では、どんなことに重点を置いて、研修をしたり、教育活動を展開したらよいのか。

 あるいは、重点をおくべきところははっきりしているのだが、そこに注力していこうという全教師の「やる気」をおこさせるにはどうしたらいいのか。

 子どもだけではなく、教師にも、何かを特に「学びたい」と思わせる「教師用教材」が必要になってくるのかもしれません。

 子どもだけでなく、大人にとっても、学習向け刺激剤(刺激「材」?)というのは必要です。

 それで学ぶスイッチが入ったとしたら、「」から「」へ、社会的な財産、「教財」「学習財」になるでしょう。

 *個人的には、「教育財政」という用語が略して「教財」などと使われていることに少し不満が・・・

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 定期考査の概念の転換 ふり返り366日【08/2/17-1】 | トップページ | 授業中の教師の「注意」 ふり返り366日【08/2/17-2】 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

苅谷剛彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「教材」から「教財」へ 「学習材」から「学習財」へ:

« 定期考査の概念の転換 ふり返り366日【08/2/17-1】 | トップページ | 授業中の教師の「注意」 ふり返り366日【08/2/17-2】 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より