ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« WBC・際立つ韓国の強さ | トップページ | 子どもが感じ取る教師の規範意識 ふり返り366日【08/2/24-1】 »

開成高校の異変の原因? ふり返り366日【08/2/23】

 学力に関する発言は,分かりやすいものほど一面的なものであり,そういう場合に使われる最も典型的な数字が「東大(・京大)合格者数」というものです。

 今年は開成高校の東大現役合格者数がかなり減ったことが「異変」として扱われているようですが,まさかこれが「学習指導要領の趣旨を踏まえない教育をしていたせいだ」と考えている人は少数派でしょう。

 私立ですから「ゆとり教育が原因ではない」ことははっきりしているのでしょうが。 

 東大の入試問題はもともと「思考・判断力」「要約力」「表現力」などが問われる「良問」がそろっており,そういう能力を伸ばそうとしているのが現行の(そしてその趣旨をさらに引き継ぐのが次の)学習指導要領ですから,学校教育の質がより問われてくるようになるのではないかと思います。

 ただ,一般的な公立学校では,教師の「表現力」「要約力」のみでかなりのウェートがかかっている授業が展開されていますから,その力量がそのまま子どもに反映されやすくなっています。

 教師はもっと「良問」とよばれる問題群を分析し,そのような質の高い教材を取り込みながら,授業改善に努めていく必要があると思います。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2008/02/23 「子どもは公立に預けるな!」その2

 和田秀樹が私立の中高一貫校を薦める理由の一つに、「周囲による動機づけ」がはたらくというものがあります。
 一部の人はこれを競争をあおるものとして受け止められるかもしれません。
 ただ、「周りが勉強している環境であれば子どもも勉強する」が、「周りが勉強していない環境だと子どもは勉強しない」というのはある程度の一般性がありそうです。
 そう考えると公立学校で勉強している子どもというのは、もしかするとすごい能力の持ち主かもしれない
 しかし、公立学校では、勉強していない環境の中で勉強をしている(これはもちろん普通の定期考査でいい点をとるという意味での勉強ではありませんが)子どもがさらに力を伸ばせる機会がない
 和田秀樹の場合には、それを学習指導要領のせいだと主張します。
 だから、それを逸脱している私立の中高一貫校がお薦めだという考えです。
 私立の方がまともに勉強している子どもが多いから、そういう環境だけでもお薦めできる、ということ。
 学ぶ環境の面で公立は私立に負けている。これに反論できる方はいらっしゃいますか。

« WBC・際立つ韓国の強さ | トップページ | 子どもが感じ取る教師の規範意識 ふり返り366日【08/2/24-1】 »

教育」カテゴリの記事

「ゆとり教育」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開成高校の異変の原因? ふり返り366日【08/2/23】:

« WBC・際立つ韓国の強さ | トップページ | 子どもが感じ取る教師の規範意識 ふり返り366日【08/2/24-1】 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より