ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 親や子にとって「都合のよい教師」 ふり返り366日【08/2/16-1】 | トップページ | 授業の記録ノートで育てる能力 ふり返り366日【08/2/16-3】 »

平成30年には法教育が教科化か? ふり返り366日【08/2/16-2】

 今回の改訂を受けた教育活動で成果が認められないと判断された結果、起こりうる最も現実的な平成30年頃の改訂の柱は、「道徳」(「徳育」)の教科化ということになるのでしょうか。

 あるいは、道徳教育は全教育活動を通して行うものであることに変わりはありませんから、「法化」社会への対応も考え、「法教育」の教科化も考えられます。

 現在、実践事例もたくさん発表されている法教育は、知識習得型ではなく、思考・活用型の教育ですから、理念としては平成20年改訂と同じ趣旨になります。
 
 若い世代の割合がかなり増えている平成30年、教育現場からは、どのような反応があるでしょうか。

 引退した教師たちは、どのような目で日本の教育を見つめていくことになるのでしょうか。

08/2/16 改訂のポイントと教育内容の改善事項

 新しい指導要領の改訂案等のポイントで、「今回の改訂の基本的考え方」とは以下の3点です。

○教育基本法改正等で明確となった教育の理念を踏まえ「生きる力」を育成
 キーワードは、「知識基盤社会」、「生きる力」を支える「確かな学力」、「豊かな心」、「健やかな体」の調和、「公共の精神」、「伝統や文化の尊重」。

知識・技能習得思考力・判断力・表現力等の育成のバランスを重視
 キーワードは、「観察・実験」、「レポートの作成」、「論述」=「知識・技能の活用」。「言語の能力」の育成(あらゆる教科で)。(いわゆる5教科=「主要科目」の)授業時数の増加。「キャリア教育」。「学習習慣」の確立。

○道徳教育や体育などの充実により、豊かな心や健やかな体を育成
 キーワードは、「体験活動」、「安全指導」、「食育」。

 「教育内容の主な改善事項」は以下の6点。

○言語活動の充実 
 キーワードは、「記録、説明、論述、討論」といった学習活動の充実。
○理数教育の充実
 キーワードは、「国際的な通用性」、「内容の系統性」、小・中学校での学習の「円滑な接続」
○伝統や文化に関する教育の充実
 具体的には、古典(国語科)、歴史学習(社会科)、唱歌・和楽器(音楽科)、我が国の美術文化(美術科)、武道(保健体育科)の指導の充実。
○道徳教育の充実
 キーワードは、「道徳教育推進教師」を中心とした道徳教育の展開。「感動を覚える教材」。
○体験活動の充実
 具体的には、小学校での集団宿泊活動、自然体験活動、中学校での職場体験活動。
○外国語教育の充実
 具体的には、小学校高学年に「外国語活動」を導入。

« 親や子にとって「都合のよい教師」 ふり返り366日【08/2/16-1】 | トップページ | 授業の記録ノートで育てる能力 ふり返り366日【08/2/16-3】 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

言語活動の充実」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年には法教育が教科化か? ふり返り366日【08/2/16-2】:

« 親や子にとって「都合のよい教師」 ふり返り366日【08/2/16-1】 | トップページ | 授業の記録ノートで育てる能力 ふり返り366日【08/2/16-3】 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より