ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 変化・改革の阻害要因 | トップページ | 内田樹・齋藤孝・苅谷剛彦の共通点 »

赤の他人からの批判と同僚からの批判

[教師] ブログ村キーワード

 教師が同僚同士でおだて合っていないと「同僚性」が維持できない学校と、同僚同士で批判し合って異論をかくさないですむ学校があったとして、「勤めたい」と思う学校はどちらでしょう。

 私は幸いにも、両方のタイプの学校に勤務することができました。
 行政の時代にも、両方のタイプの学校を訪問することができました。

 生徒が伸び伸び生き生きしているのは、いずれも後者の学校でした。

 「褒められないと動こうとしない」「他人から当てにされていると実感できないと不満をもらし、行動しない」人というのは、子どもでも大人でもいると思いますが、そのような教師を、子どもと常に対峙している教師が、子ども以上に動かさなければいけない職場というのは、けっこうきついものです。

 もちろん、「褒めて伸ばす」という言葉があり、その方法で子どもも教師も伸ばそうとしている人がたくさんいます。
 「自分で自分を褒めてあげたい」と思う教師もたくさんいるでしょう。

 「長所を軸に自他の人間像を描く」姿勢は、教師の一般的なものですが、問題は自分や相手がその課題(短所)を自覚していない場合です。

 そして、自覚できていなかった課題に気付かされることは、大人でも重い心理的負担になるかもしれません。
 その弱みを発見された人と毎日いっしょに仕事をし続けられない場合はなおさらです。

 赤の他人の書いたこんなブログで、「心当たり」を探してみていただければ、負担は軽いものですむのではないでしょうか。

 いや、赤の他人からの「冷たい批判」より、同僚からの「あたたかい批判」の方が、ためになるし、のぞむところだ!という方は、このブログをお読みになるのをやめ、「同僚同士で批判し合って異論をかくさないですむ学校」づくりを進めていただきたいと思います。

« 変化・改革の阻害要因 | トップページ | 内田樹・齋藤孝・苅谷剛彦の共通点 »

教育」カテゴリの記事

コメント

はむれっとさんへ。
同僚性という言葉は、たしか私が人事考課の話題ですずめ先生のブログにコメントをつけさせていただいたときに、すずめ先生が「同僚性をこわす」というようなニュアンスで書かれたのを見たのが最初だったような気がします。それ以来、ここでもカギ括弧つきの表現で書いていることが多いかもしれません。

kurazohさん、どうも
 チームワークですか、分かったような変な気も、、、「性」の字がいまいちピンと来ないけど。どちらかというと「体」のような?。同僚体、も変か~。同僚態、、
わかんねぇ。(^^ゞ

(*^ー゚)bグッジョブ!!
>「誤りの指摘」を詭弁・強弁と断定してしまい、「誤り」を認めない方には何を言っても無駄なのは承知しているのですが・・・。

激しく同感いたします!!  (^O^)

はむれっとさんへ。

カギ括弧付きの同僚性とは、たとえばおだて合って初めて成立するようなチームワークのことで、一応よい意味を持たせようとしたら、「子どもの成長のために高い目標とその達成に向けて努力しなければならないという自覚を共有し合い、ときには助け合い、ときには批判し合ってよりよい実践をめざす、教師集団に求められるチームワーク」となります。

>個々の人がどちらかを目指すことがあっても、全員がそうなるとは思えないし、旗振り役の人であっても、すべてのことがらに対して一貫性をもっているとも思えない

当然のことですね。
いわゆる「究極の選択」というやつで、特定の条件の下での選択を想定しています。
ですから「そんなあり得ないことは考える必要はない」と言ってしまえば、それで終わりです。

「誤りの指摘」を詭弁・強弁と断定してしまい、「誤り」を認めない方には何を言っても無駄なのは承知しているのですが・・・。

kurazohさん、こんちは
同僚性って何?、
いまいちピンと来ない言葉なんだけど。

(・∀・)ニヤニヤ
>教師が同僚同士でおだて合っていないと「同僚性」が維持できない学校と、同僚同士で批判し合って異論をかくさないですむ学校があったとして、「勤めたい」と思う学校はどちらでしょう。

暗象の勤めた学校には、先生が二人ほどしかいなかったのか? 10人を越えたら、こんな単純な集団ができるとは思えない。個々の人がどちらかを目指すことがあっても、全員がそうなるとは思えないし、旗振り役の人であっても、すべてのことがらに対して一貫性をもっているとも思えない。

実際、暗象のブログ仲間は「批判しあって高めあう」ことを主張しながら、自分たちが批判されたら、ただひたすら自己弁護のために詭弁と強弁を繰り返す。
で、「相手を嘘つきと言った方の勝ち」か、無視する。

直近の無視は「5歳児検診の効果」で、暗象の仲間の「まずろ」さんの件がある。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤の他人からの批判と同僚からの批判:

« 変化・改革の阻害要因 | トップページ | 内田樹・齋藤孝・苅谷剛彦の共通点 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より