ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「勘違い・杜撰さ」というキーワード | トップページ | 典型的な「私共空間」:高校の生徒喫煙室 »

「悪い成功」と「良い失敗」

にほんブログ村 教育論・教育問題

 TVで野球をよく観戦し、解説をお聞きの方であれば一度は耳にしたことがあるかもしれないものに、「悪いファインプレー」と「良い(仕方がない)エラー」というのがあります。
 言い方を変えれば、「悪い成功」と「良い失敗」です。

 スポーツ(だけとは限りませんが)は結果オーライという言葉があるように、「結局、どうなったか」が問われる世界ですが、その過程を見て、「よいプレーだったのか、そうでなかったのか」を問う姿勢というのは、たとえば監督、コーチ、広く言えば教育をする立場の人間にとっては、欠かせないものであるかもしれません。

 仕事のスタイルでも、勉強のスタイルでも、基本的なあり方というのをおろそかにしていては、先が危ぶまれる。

 たとえば、そのときはファインプレーを見せた選手でも、守備位置自体を誤っていた結果、そうなったということでは、今後、本当の凡ミス、試合の勝敗を左右するようなミスをしでかすかもしれない。だから、結果オーライだが、もう一度基礎に戻って練習を積んでいく必要がある、そういうことです。

 守備位置も計算され、準備万端で、難しい打球にも積極果敢に臨んでいく、そういうプレーをしている選手には、基本的信頼感がもてるわけです。

 「教科書」という「主たる教材」を、どのように扱って教えるのか、学ぶのか。

 その基本を誤っている教師、子どもは、それ以外の「仕事の基本」「学習の基本」もおろそかになっている可能性が高い。
 そのとき、だれかが忠告すること、助言すること、軌道修正すること、基本を確認することはできなかったのか。

 「殺人予告」だけでも大きな罪だと思いますが、実行犯にならずにすんだのが幸いです。
 しかし、予告を実行にうつすという行動だけでも食い止めることはできなかったのか。

 現場にいる人間が、全員鋭い「現場感覚」をもっているとは限りません。
 「現場を知らない人間に何が言えるのか」という反論も感情としては理解できますが、基本となる「仕事のやり方」はその現場ならではというより一般的なものがあるはずで、それに照らしておかしいものはおそらくおかしい。

 たとえば、電話でアポイントメントをとったときに復唱するかしないか、電話を受けて、対象の教師が不在だったときに、受け手の自分の名前をきちんと名乗るかどうか
 電話という場面でこの2点をとっても、きちんとできない「現場」はありませんか?

 もちろん、原因のすべてが「現場」にあるのだと断定するわけではもちろんありませんが、「現場」ができたことは何だったのか、できることは何か、すべきことは何か、を問い続けることが必要だと思います。
 それは、「悪いファインプレー」で何とか生き残っている学校には特に念頭においておいてほしいことです。

 

« 「勘違い・杜撰さ」というキーワード | トップページ | 典型的な「私共空間」:高校の生徒喫煙室 »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悪い成功」と「良い失敗」:

« 「勘違い・杜撰さ」というキーワード | トップページ | 典型的な「私共空間」:高校の生徒喫煙室 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より