ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育改革への抵抗と提言 | トップページ | 信頼回復に必要な議論 »

教員採用にもみえた私共空間

 大分県の教員採用の問題は、すでに新聞や多くの方々が指摘されているように、日本独特の「私共(わたくしども)空間」ならではの慣習ですから、「やっぱりそうだったのか」という印象の方が多いのでしょう。

 笑えないのは、教師がよく批判するタイプの親が、実は校長先生自身だったりした、ということでしょうか。

 地方議会議員の役割は、公共空間ではなく私共空間からの票への奉仕に重点があるようで、一方の行政マンも市民の代表者には頭が上がりませんから、罪の意識がかき消されてしまい、言いなりになってしまうのでしょう。

 東京都のように、他府県からの受験者が多く、かつ倍率が非常に低いところと、地方のように倍率が10倍を超えていて不正があるところでは、どちらが教師の質が高いのかとふと思ったりもしますが、教師の力量は1校目で受けた教育と行ってきた実践によってその後が大きく左右されるといいますから、どの新任教師にも成長を期待したいと思います。

 いずれにせよ、ここまで信頼できない私共空間というのも珍しい。

 我々は、あくまでも「安心社会」であることを貫きたいのでしょうか。自問したいところです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

« 教育改革への抵抗と提言 | トップページ | 信頼回復に必要な議論 »

教育」カテゴリの記事

公共空間と私共空間」カテゴリの記事

コメント

>笑えないのは、教師がよく批判するタイプの親が、実は校長先生自身だったりした、ということでしょうか。

大分の件から明らかなのは、
自浄能力のなさで、
それを支えているのが、
権力による仲良しグループではありませんか?
権力を批判する勢力を抑えることが、
このような事件に繋がるのでは?

できの悪い人間が集まり、
権力の側にいて、反対派を抑える。
そういうくだらない集団を
世の中からなくそうというのが民主主義です。
少なくとも、大分の教育界は、
民主的ではなかったのだろうし、
そうしてしまったのが、誰のどういう思考なのか、
キッチリ検証して欲しいものです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教員採用にもみえた私共空間:

« 教育改革への抵抗と提言 | トップページ | 信頼回復に必要な議論 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より