ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 完全に異文化の小学校 | トップページ | 荒れた学校の子どもの演技 »

東京都の19Aのみなさんへ

 教育管理職任用制度がゆきづまり、任用されても最悪の立場に立たされる状況が濃厚な中、現場を離れる覚悟で受験した先生方には頭が下がります。教育管理職というのは、PTAの役員と同じで、誰かがやらなければならない仕事です。
 行政に配置されることになった先生方には、厳しい風が待っていることと思いますが、おそらく面接でそれに耐えられる資質があると見込まれて任用されているでしょうから、そんな心配は余計なお世話なのでしょうが、問題はそこできちんとした勉強ができるかどうかということです。
 行政ではあらゆる発言に法的根拠や自治体・教育長の考えがバックになければならないので、学校では感じたことがない「責任感」というプレッシャーがおそってきます。ある方は1年間で失語症に近い状態になったそうです。
 ただ、行政の世界は3年たてば超ベテランになれるところです。
 中身を伴って卒業できるか、事務方レベルで終わるかは、現場の優れた校長先生、副校長先生、主任の先生方などとめぐりあい、その優れたところを吸収できるかどうかにかかっています。
 学年主任も教務主任も生活指導主任も経験したことがない人が、その経験に匹敵する学習ができるのが行政という世界です。
 苦情対応、議会対応、文書の収受や学校への文書配付と、事務事務事務の連続の中で、大切なものを見失わない指導主事をめざしてほしいと思います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

« 完全に異文化の小学校 | トップページ | 荒れた学校の子どもの演技 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92794/40622430

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都の19Aのみなさんへ:

« 完全に異文化の小学校 | トップページ | 荒れた学校の子どもの演技 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ