ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「日本人のちから」から教師の逆コンピテンシーを読む その8 プラグマティズム  | トップページ | 教師は自分のことにどのような興味をもっているか »

なぜ多面的・多角的な見方が必要か

 マスコミだけでなく,国民の多くは白か黒か,右か左か,格差社会であるかそうでないかなど,公共空間を何か二つのグループに分け,自分は私共空間に閉じこもっていながら,公的な立場の人や私的な立場の人を評価(批判)しがちです。 

 図式としてはわかりやすいかもしれませんが,右や左にも社会の進歩・発展に前向きなグループと,後向きのグループがいるように,世の中は決して二色の世界ではありません。

 学力格差が仮に明らかになった場合でも,下位層は,もともと子どもの学力が低いのか,高い指導力でどん底からそこまで引き上げた結果なのか,学力が高いのに指導力が低いためにそうなったのか,・・・ケースは多様です。学力が高い層も,塾での学習の成果かもしれません。

 ここでは下位層の原因を教師の指導力不足に結びつける行政,保護者と,子どもの経済的な格差やもともとの能力の問題に結びつける研究者や教師たちという二つのグループに分かれてしまうかもしれませんが。

 まもなく歴史の教科書からも「源平の戦い」という用語はなくなると考えられます。

 これは,源氏の中にも平清盛についた一族もいるし,平氏の中にも源頼朝についた一族もいた(一族が両方に分かれるケースもある。子孫の確保のため,この例は戦国の戦いでも続く)ためで,年号で「治承・寿永の乱」と呼ぶのが適当だろうという考え方があります。源頼朝に従った平氏には,北条時政、熊谷直実、梶原景時、三浦義澄、千葉常胤などがいました。

 皇族の立場から見れば,後白河天皇の皇子で,後の皇統につながる天皇は平徳子(建礼門院)を皇后とした高倉天皇で,母方(外戚)ですが平氏の血が流れ続けていくことになるわけで,単純に「平氏の負け」とは言えない面もあります。

 リベラリズムと保守主義とはまた別の軸で権威主義の対極にあるリバタリア二ズムのように,文科省や教育委員会とそれに対立する軸ではなく,完全に子ども重視の理想主義の立場に立った「指導力のない教師は学校から排除する」という立場と,一回採用したら法令違反がない限り,どんなに適性に欠いていても現場で使い続ける立場が対極になるような軸があってもおかしくないわけです。犬山市のような例は貴重です。

 もちろん伝統的な「和」の精神(これは私共空間を作る原動力でもありますが)が残っているうちは,ほとんどの指導力不足教員は守られると思いますが。(管理職の降格には教育委員会が積極的になってきました。)

 警察なら刑事に向かなければ警務,市役所なら人事がだめなら庶務など,同じ組織で違う畑が用意されているのですが,学校は生徒部がだめなら教務部や研究部などと,分掌とはいっても結局全員がかかわっている仕事の違いしかないので文字通りつぶしがききません。せいぜい「副担任」という遊軍におくぐらいです。

 今後は,指導力不足を「人間関係不適応型」「専門的教養(学力)不足型」「指導力不足型」「道徳性不足型」(これらの複合型が「教育職不適応型」)などに明確に分類していく必要があり,そのためにも教師のコンピテンシーディクショナリーの完成を急がなければなりません。・・・すでに「キャリアアップ」「ベイシックスキルアップ」「モラルアップ」などの研修を実施している自治体もありますが。

« 「日本人のちから」から教師の逆コンピテンシーを読む その8 プラグマティズム  | トップページ | 教師は自分のことにどのような興味をもっているか »

教育」カテゴリの記事

公共空間と私共空間」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ多面的・多角的な見方が必要か:

» 私共空間/私共空間 [なるほどキーワード]
私共空間について悩みを解決するには、まずは私共空間についての正しい知識が必要です。そこで、私共空間についての情報を集めました! 私共空間について調べて、私共空間に関する悩みを解決しちゃいましょう! 私共空間 関連のアイテム ここをクリックして『私共空...... [続きを読む]

» 教育失敗学/教育失敗学 [なるほどキーワード]
教育失敗学について悩みを解決するには、まずは教育失敗学についての正しい知識が必要です。そこで、教育失敗学についての情報を集めました! 教育失敗学について調べて、教育失敗学に関する悩みを解決しちゃいましょう! 教育失敗学 関連のアイテム アドラー博士が教...... [続きを読む]

« 「日本人のちから」から教師の逆コンピテンシーを読む その8 プラグマティズム  | トップページ | 教師は自分のことにどのような興味をもっているか »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より