ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「空気」との戦い | トップページ | 齋藤孝「教育力」から教師の「逆コンピテンシー」を読むーその15 評価の目 »

事務職員が「職員会議」に出席している学校の割合は?

 文部科学省の若手キャリアが事務職員として学校に派遣されることになったそうです。彼らは現場で,教育の成果や課題についての情報を収集し,文科省に新たな戦略を創造するための論理を構築するわけですね。
 私が教育委員会で勤務するようになって一番驚いたのは,学校の「事務の方」が教育政策の立案にかかわっていたということです。区市町村採用の「学校事務」の方など,さまざまな立場の方がいることもわかりました。
 事務の方は施設や物品,人事の管理のように,「お金」に関わる仕事の専門家だと思っていたら,そういう方だけではなかったのです。教育委員会の指導主事,文部科学省では教科調査官のような,教員出身の事務担当者がいますが,その上司に教育が専門でない方がいるのですね。役所で長年働いていた方が教育長に就いている自治体もあります。
 文部科学省は「現場を知らずに政策を決定していた」(失敗の28:実態からの出発が期待できない」に関連がありあります。情報追求力の欠如という逆コンピテンシー。)という失敗を認めたことになるので,たいへんよいことだと思うのですが,過激な方は「事務室に何がわかる」とお怒りになるかもしれませんね。優秀でかつ学校の現状に危機感を抱いている事務の方も大勢いらっしゃるのですが。いつも暇そうにおしゃべりしたり,ネットサーフィンばかりしている方ばかりではないのです。役所や人通りの少ない商店街のお店の仕事と同じように,事務の仕事は,集中するときは集中して,そうでないときは暇そうに見えてしまうのです。「本庁」となると,残業手当が必ずもらえるくらい忙しいのです。

 事務職員は学習指導要領の内容を理解しているのか。学校の道徳や総合的な学習の時間,各教科等の目標や年間計画,全体計画,週ごとの指導計画,評価計画を理解しているのか。教育課程の管理(作成,実施,評価,改善)のプロセスに適切に関与しているのか。執行された予算ごとに,費用対効果の検証をしているのか。職員会議には参加しているのか(教員会議になっていないか)。
 キャリアの方は,そういうことを検証されるといいと思います。

« 「空気」との戦い | トップページ | 齋藤孝「教育力」から教師の「逆コンピテンシー」を読むーその15 評価の目 »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事務職員が「職員会議」に出席している学校の割合は?:

» 医療事務 講座 医療事務はユーキャンで! [医療事務はユーキャンで!医療事務に挑戦!医療事務の資格]
ユーキャン「医療事務」という資格試験を知らない人はいないでしょう。転職組みが手に職をつけるために、ユーキャン 医療事務を取得する姿も珍しくなくなりました。またユーキャン 医療事務は実社会に根ざした資格ですので、その人気は衰えを知りません。しかしなが...... [続きを読む]

« 「空気」との戦い | トップページ | 齋藤孝「教育力」から教師の「逆コンピテンシー」を読むーその15 評価の目 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より